鳥、音楽、野球などを中心に書きつづる気まぐれブログ


by kyasakou

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

神社巡り
野球
音楽
雑記
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


ストレイト・アウト・オブ・ヘル 【デラックス・エディション(CD+グッズ)】【10,000セット限定】


黒い家 (角川ホラー文庫)


庭で楽しむ野鳥の本―原寸大


新・水辺の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)


新・山野の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ソロモンよ・・・・
at 2014-02-14 00:43
武田神社~千代田湖~飯豊橋周辺
at 2013-11-21 22:42
トリック・・・・
at 2013-11-11 21:17
アジカン
at 2013-10-19 20:01
代打の神様
at 2013-10-13 22:26

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
日々の出来事

画像一覧

ハッーピハッピハロウィン♪ハロウィン♪ハロウィン♪

え?ハロウィンにはまだだいぶあるって?

なにをおっしゃってますやら、もうそろそろハロウィンの時間ですよ?

そう・・・



e0316056_23143834.jpg


「HELLOWEEN」
のね!

はい、ということで今日は音楽タグ初の記事を書こうかと
そこで紹介したいのはドイツが誇るメタルバンド「HELLOWEEN」です!

6月に来日、しかもGAMMARAYとコラボだなんて・・・

行くしかない!

と、いっても何の事だかわからない(わかる人は友達になりましょうw)と思うのでさっそく紹介しましょう

e0316056_2327155.jpg


HELLOWEEN
・・・1984年にドイツのハンブルグで結成されたヘヴィメタルバンド。現在のメロディック・パワー・メタルのサウンドとイメージを作り上げ、このジャンルの先駆者として知られる。(wiki引用)

メロディック・パワー・メタル(メロスピ)とは簡単に言うとメロディ重視で疾走感のあってギターがピロピロしてる感じのジャンルです

「メタル」という言葉を聞くと、デスボイスややたら高い声、鎖、アンダーグラウンドみたいな印象を受けがちかと思います(後、日本ではX-JAPANとか聖飢魔Ⅱの印象が強いでしょうか?)

実際私もメタルバンドに誘われる前までは完全にこのイメージで、食わず嫌いをしていました

そんな中勧められたのがHELLOWEENのこの曲


Eagle Fly Free

私をメタラーに引きずり込んだ曲とも言えましょう
どうですか?意外と聴きやすくないですか?

この曲が収録されている守護神伝二章はメタル界の中では伝説のアルバムになっているそうで、ここからのインスパイアを受けたバンドが多数いるそうです

この収録当時のメンバーは

Vo・・・マイケル・キスク
Gt・・・カイ・ハンセン
Gt・・・マイケル・ヴァイカート
Ba・・・マーカス・グロスコフ
Ds・・・インゴ・シュヴィヒテンバーク

の五人編成
HELLOWEENのベストメンバーとも言えましょう

HLLOWEENは現在3代目のVoです

初期は四人編成で活動、Voはカイ・ハンセン
彼の声はとても変わっており、魔女声などと呼ばれていました(今で言うだみ声のような感じ)
また、曲中の謎のかけごえ「アーライッ!」(オーライ!でしょうおそらくww)も人気で「アーライ神」とも呼ばれていますww

e0316056_23572417.jpg

アーーーーーーーライッ!

彼がVoの時代もそこそこの人気はあったようですが、特殊な声など色々なことから泣かず飛ばずな状況だったそうです(それでも1stアルバム「Walls of jericho」は相当売れた)
本人もギターをやりながらのVoに限界を感じ、二代目Voマイケル・キスクが加入します


How many tears(Walls of jericho収録)
カイの時代もいい曲は多い

このキスクの加入によってHELLOWEENは爆発的な人気がでます

このキスク、とにかく歌声がすごい!
ハイトーンから低音域までオールラウンドな歌声

しかし、89年にカイが脱退、後任にローランド・グラポウが加入します

今まで作詞作曲はカイとヴァイキー(ヴァイカートの愛称)がほとんどを担当していたのですがグラポウの加入により、少し音楽性が変わります

カイの人気がすごかったこと、グラポウが今までメンバーがしなかったソロデビューをしたことなどもあり、グラポウは評価が低かったようです
しかし、ギターの技術は相当ですしコーラスの歌声はとてもきれいです
ただすごくかたーい性格がライブなどを見ててもわかるのでなんとなく気むずかしいのかも

人気も徐々に低迷、5thアルバム「Chameleon」などはファンの間でなかったことにされています


The chance(Pink bubbles go ape収録)
グラポウ作詞作曲の曲、私はかなり好きな方です、ファンの間では「グラポウの唯一の置き土産」とも言われているw

さらにメンバー間の不仲インゴの負傷もあり、キスクとインゴは脱退、事実上の解雇となってしまいます
キスクとグラポウ(グラポウはキスク脱退後Mr Egoという曲でキスクを皮肉る)、キスクとヴァイキーなど
でも、後々和解するのですよ

そんな中加入したのが三代目Voアンディ・デリスとDsウリ・カッシュ

e0316056_028195.jpg

アンディ

このアンディ、とにかくかわいい!!
舞台上の仕草、曲の合間に発する「アイー!」という謎の掛け声(これは本当に謎、ファンの間でも奇声としか言われていないw)、Baマーカスとの掛け合いなどなど

アンディはキスクほどの高温や歌唱力はないのですが、舞台上でのアンディだったり優しそうな歌声はまた違った良さがありますw

アンディの加入により加入後の一作品目、「The Time of the Oath」にて復活を遂げます


Where The rain Glows(The Time of the Oath収録)このPVは普段は固いグラポウがはしゃいでいるのでとても好きなPV、曲もいい!黄色いヘルメット被っているのがグラポウ

また、ウリのドラム技術は評価されており、HELLOWEENで一番うまいという評価のファンも少なくはありません

その後、グラポウが脱退、グラポウと仲の良かったウリも脱退
二人はマスタープランというバンドを結成します(後にウリは怪我で脱退)

グラポウの後任にはサシャ・ゲルストナーが加入します
このサシャ、技術もすごいのですがカッコいい!
しかも、固そうに見えておふざけもOK!、おふざけと演奏のメリハリがいいです

ドラムは長らくサポートメンバーだったのですが2005年にダニ・ルブレが加入、現在のHELLOWEENのメンバーが、ここで揃います

e0316056_0494389.jpg


HELLOWEENは今もなお精力的な活動を続け、2013年14枚目のアルバム「Straight Out of Hell」を発表、そのツアーで日本に来るのです


Far From The Stars(Straight Out of Hell収録)このアルバムで一番好き、というか今回のアルバム、かなり熱い!

で、なぜ行かねばならぬかと言うと、今回コラボするGammaRayは初代Voカイ・ハンセンのバンドなのです!
以前にもコラボしたことがあるのですが今回は二回目!
初代のツインギターが見られるとなるともはや行かない理由はない!

実は二代目Voキスクとカイは2011年にUnisonicというバンドを結成
こちらの来日ツアーにも行ってきました!
アンディは次回の企画ではUnisonicとコラボしたい、という発言をしたようで・・・もし実現したらまた行かねばww
UnisonicとGammaRayの紹介もいずれしたいなあ

と、言う事で6月7日の東京ライブ、行ってまいりますw

おまけ

e0316056_114309.jpg


e0316056_1144588.jpg


e0316056_115294.jpg


e0316056_1151752.jpg


e0316056_1154253.jpg


e0316056_1155469.jpg


HELLOWEENのマスコット、かぼちゃくん
かわいい


♪Rise and fall/Helloween


Helloweenで一番好きな曲!
[PR]
by kyasakou | 2013-05-01 01:15 | 音楽